学校の様子[学校の様子]

HOME >  学校の様子 >  【(3年2組)理科授業の様子から】ICT機器を活用しての3年間の総復習。「地学」の範囲をタブレットを活用したクイズ大会での学習には、主体的で対話的な深い学びへとつながっています。

【(3年2組)理科授業の様子から】ICT機器を活用しての3年間の総復習。「地学」の範囲をタブレットを活用したクイズ大会での学習には、主体的で対話的な深い学びへとつながっています。

本日2月20日(火)3限目の3年生2組の理科授業の様子から。3年生2組の理科授業「3年間の総復習」において、一人一台タブレットを活用した取り組みを行いました。授業担当の伊藤先生が3年間の総復習のまとめとして考えた「地学分野」の問題を当てる約30問ほどのクイズ」です。

 

「Kahoot!」という学習用アプリを活用し、伊藤先生オリジナルの「地学」にかかわる問題を作成し、3年間の理科授業のまとめとしてクイズ大会を実施しました。3年2組のみなさんは、1問目から全員が集中し、問題レベルに応じての制限タイムの中、一問ごと、真剣に取り組んでいます。その振り返りも、クイズが続く途中に行うため、説明を短くわかりやい説明になるように工夫をしています。授業者の伊藤先生も笑顔です。子どもたちも真剣に取り組みながらも、みんな笑顔です。楽しみながらもみんな本当に集中しています。とってもあたたかい雰囲気の中、2組のみんなで授業を頑張って取り組んでいる姿が印象的でした。

 

1問につき、早い問題は20秒ほどで解答をしなくてはいけません。この授業の取り組みによって、理科授業で必要とする力でもある、「理科的思考力」や「多角的に物事を考察する力」、そして「問題を読み解く力」など、授業をタブレットを活用しながら楽しみながら取りくめる時間となっていました。黒板に張り出したスクリーンには、1問ごと正解をした合計ポイントによる順位も表示されます。画面上に現れる名前は、自分だけのオリジナルネームです。今日の総合1位は、誰だったのでしょうか?!

 

3年生の授業日も残すところ「あと10日(土日・祝日は除きます)」です。川越中学校では、ICT機器を効果的に活用しながら主体的な学びを深めています。この2年間でのICT機器を積極的に活用しながらの授業が日常となった今、子どもたちの方が、タブレットの活用について詳しいと思える場面があるくらい、川越中学校でのICT機器の活用は本当に日常となってきました。それだけ、先生方が効果的なICT機器の活用方法や教材の工夫を日々、授業改善の視点を持って取り組んでもらっているのがよくわかります。

 

3年生の授業の様子を見ることができるのもあと少しの期間となってきました。あたたかい雰囲気の中、みんなで頑張る3年生の授業の様子をまた応援させてくださいね!

2024年02月20日更新|学校の様子

2024年4月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
 

カテゴリー

アーカイブ

最近の投稿

  • デリバリー給食:栄養バランスがとれた献立をご紹介
  • デリバリー給食のご注文
  • 諸届用紙ダウンロード:届出用紙のダウンロードはこちら
  • きずなネットについて:携帯メールによる連絡網登録
  • 災害時の対応:警報等発表時における登下校について
  • 学校づくりビジョン
  • 学校いじめ基本方針
  • 学校だより
  • 保健だより